個人事業主や法人の認め印の角印は通販サイトで購入出来ます

印鑑には色々な種類がありますが、種類に応じて使い分ける事が大切です。例えば、荷物が届いた時に利用するのは認め印などを使う事になります。認め印はサインの代わりに利用するものですが、荷物が届いた時の認め印は簡易的なものでも構いません。 会社の中などで利用する認め印の場合も簡易的な印鑑で構いませんが、個人事業主が仕事で利用する認め印や会社単位など法人が利用する認め印は角印を使うのが一般的です。主に、領収書や請求書などの書類に利用する、会社などが発行した事を証明する目的で使う、社名や事業所名などが刻印されているなどの特徴を持っています。 尚、印鑑は通販サイトを利用して購入する事が出来ますが、重要な書類に使う認め印などは耐久性が高いものを選んでおくのがお勧めです。

個人や法人が利用する実印などについて

角印は見積書や領収書など金銭が関与する書類に捺印する認め印であり、実印や銀行印などと比較すると重要度が低い印鑑と言えましょう。 その理由は見積書や領収書などの書類は契約書などと比較すると重要度が比較的高くないなどがあります。 しかしながら、見積書や領収書、請求書などの書類は重要度がないわけではないため、荷物が届いた時に利用する認め印では効力がありません。 通販店で購入する場合には品質が高いものを選んでおくのがお勧めです。 ちなみに、会社の中や個人が利用する印鑑の中でも重要度が高いのは実印です。 実印は契約書などに利用する印鑑で重要な取引の時に利用します。 また、実印は会社の印鑑である事、自分の印鑑である事を証明するための印鑑証明書を契約書などに添付するのが一般的です。

会社を設立する時に必要な印鑑について

個人事業を手掛けている人が会社を設立する事が多くなっていますが、法人化を図る事は世間からの信頼を得られる、節税効果がある、夫婦で事業を展開している場合には、給料として支払える、契約を結ぶ事が出来なかった顧客との契約を結ぶ事が出来るようになるなどのメリットがあります。 会社を設立する時には実印、角印、銀行印の3種類の印鑑が必要です。実印は会社の実印で個人の実印とは異なります。社名が刻まれているなどの特徴があります。 銀行印は資本金の支払い先金融機関の口座を作る時などに利用するもので、いずれも通販店を利用する事で揃えられます。 尚、いずれも重要な印鑑になるので、長く使い続ける事が出来る品質を持つものを選ぶのが大切です。ちなみに、書体なども豊富に揃っているので好みの書体を選べます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加