角印の用途は?通販で購入できるか

印鑑には様々なタイプが存在します。それぞれ状況によって使い分けると、押印した書類などの重要性が後で確認できます。会社であれば登記所への届出印を押印した場合、その会社及び代表者としての意思表示となるため、役員変更登記をする場合など重要度はかなり高いといえます。一方、社内の連絡事項に認めとして押印するならば、もっと簡易なものでも良いでしょう。印鑑は、押印した法人や個人の意思を証明するものですから、一種類だけですべての用を満たそうとすると、思わぬ失敗をし兼ねません。そこで通常会社では、実印や銀行印、認印など使い分けています。形状も丸印や角印など慣習によって決まっています。失敗しないためにも印鑑は慎重に作成したいもの。素材も様々あります。ネット通販で購入も可能ですから、作成を考えている方は比較検討に利用すると良いでしょう。

会社の印鑑は代表個人の印鑑とどう違う?

会社の印鑑と個人の印鑑について説明するときに便利なのが、会社の代表が就任したり、変わったりする場合です。代表者は印鑑を届け出る必要があります。そこで押すべき印鑑は会社の代表印で、個人の立場の印鑑ではありません。一方、代表に就任するときに承認を示すため実印を押す必要がありますが、この場合は市町村に登録した印鑑を押します。このように同一人物が押すべき、しかも実印でも会社を代表する立場と個人としての立場があるのです。また印字も異なります。代表印は二重になっていることが多く、一般的に外側に企業名が内側に役職名が記載されています。一方個人の実印は氏名又は氏のみが記載されます。実印の他にも、認印にも会社と個人によって使い分けがあります。重要なのは偽造されたり、勝手に押印されたりすることを防止することですから、用途に応じて作成しておくと良いでしょう。

素材や形状と用途は関係ある?通販購入のメリット

印鑑には会社用と個人用があると分かったところで、形状によって目的が異なるのでしょうか。実際のところ形状については商慣習による面が大きく、絶対的な決まりはありません。登記所に届け出る代表印は大抵丸印ですが、法律上指定は大きさだけです。一方会社が発行する契約書や請求書などには角印を用います。素材もいくつかあり、デザインや耐久性に違いがあります。大きく分類すると木材を使用した印鑑、動物の角や牙を使用した印鑑、金属や樹脂で作成した印鑑があります。用途に応じた素材として特に慣習はありませんので、好みで選ぶと良いでしょう。通販サイトによっては、素材の特徴を見ることができるので便利です。丸印と角印で素材を変えるのも良いですし、代表印と銀行印、認印で素材を変えるのも良いでしょう。ネットでは心配という方でも、デザインや素材の色味も見ることができ、メールで質問もできるので、安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加